記事一覧(12)

Vrisko Exhibition

 板橋にあるヨーロッパ古着を扱うVriskoさんの 展示を去年に続き開催します。 今春Vrisoさんがフランスで買い付けた古着が並びます。   Vrisko店主のお二人も 展示中5日間は在廊してくれますので、 お話を聞きながら服を選んでみてくだささい。 旅の話やら服の事。 先日Vriskoさんに行った時に 服を見ましたが、一枚一枚全て違う修復の跡があったり、 形もデザインも違い、同じものがないのが良いなぁと思いました。 古いものは本当に良いです。   今大量に作られているような服と比べると、 アンティークの服は、細かいところまで気の遠くなるような時間をかけて作っているのが分かります。  100年も前の服がまだ残っていて、それには大事に修復を重ねた跡があり。 前の持ち主の、物への深い愛情を感じます。 遠い昔に遠くの国の誰かか大事に残してくれた物を、 今身につけられる事。 当時の生活の風景を、服を通し想像して思い描くことも、 またロマンがあります。 お店に行って見るのが、 世界観やら空間を知るのには一番だと思いますが、 普段お店にあるより沢山の服を展示中は 持ってきてくれるそうなので、 ぜひ古着屋になったartiqueを見に来てください。古いものが好きな方でしたら必ず響くものがあると思います。 ぜひこの機会にVriskoさんの服を見てください。  www.vrisko.jp  Vrisko Exhibition  2018.12.20 (thu) - 24( mon) 12:00 - 18:00  open everyday  at artique  会期中5日間 Vriskoさん在廊します